トップページ > 新着情報
北の農場だより

天高く牛肥ゆる秋

141023_1207

こんにちは。

最低気温がマイナスになり、十勝の秋も終盤のようです。牧場の入り口の楓もやっと真っ赤に色づき「もうすぐ冬がくるよ」とみんなに教えてくれています。

満開だったヒマワリも来年の肥やしとなるために粉砕されてしまいました。昨日からはビートの収穫も始まり、好天の続くこの一週間、畑が賑わっています。

空を見上げると雲もなくきれいな青空。牛くんたちも餌をモシャモシャしながらボーッと景色を楽しんでいるようです。

大雪山系から吹き降りてくる風も冷たくなってきました。牛も鼻水をたらし始めるこの季節。皆さんも風邪など引かれませんように!!

 

141022_0658141023_1641

レポーター 
山本和広

気持ち良さそう!

 朝、晩と寒い日が続いていますが、牛さん達の体調もいまひとつ優れません。群れで暮らしているので、1頭が風邪をひくと
瞬く間にみんなに感染してしまいます。日頃から、治療に携わる事が多いので、頑張って病気を減らし牛さん達がのびのび暮らせるようにして行きたいです!パネルヒーターの下に集まり気持良さそうに寝ています!

 

IMGP0327

 

レポーター 
道下拓矢

夏と冬

IMGP0318

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ満開に咲いているひまわり畑ですが、霜も降り始めたこの季節、いつ枯れて終わってしまうのか毎朝ドキドキです。

台風が去った翌日、日高山脈が真っ白になっていました。寒いはずですね。冬はもうすぐそこまで来ています。

夏を思わせるひまわり畑のバックに雪山のこの景色は珍しいのではないかなと、牛舎の中から牛君といっしょに眺めてみました。何か感じてくれたのか(?)ほけ~っと外を見つめておりました・・・

レポーター 
木村健

向日葵

季節外れではありますが、畑いっぱいにヒマワリが咲いていました。

 

向日葵について調べてみると、開花時期は6月~8月で、原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられ、コロンブスの新大陸発見後にヨーロッパに紹介され、日本には、十七世紀頃に伝来しているそうです。

 

DSC_0582

 

レポーター 
尾関康平

餌づくりと風

IMGP0311

牛君たちの餌を作ってる風景を撮影してみました。遠くて分かりにくいですがどの機械も人間の倍以上大きいので近づくと大迫力でそしてとっても危険です。

そして撮影の最中はこの秋一番の暴風が訪れていて細かい牧草が霧のように舞っていました。目、痛いです。

 

資源を有効活用するためにも風よけの設置を考えていきたいところです・・・

 

レポーター 
松坂信裕

Pagetop